-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31 2016

見出された時

久しぶりに日記書く
去年パソコンが壊れてからURLわからなくなってたんだよ

今の車買ってからずっとゼノブレイドクロスとかいうゲームのOSTを流してる
1年半ぐらい前に買ったゲームで
簡単にいうと宇宙船が不時着した未知の惑星を開拓していくんだけど
正直ストーリーと発売後のメーカーの対応はksだった
ゲーム自体の評価も低い
でも俺は世界中を少しずつを探索してる感がとても好きで
ストーリーはともかく延々とうろうろし続けていた

あの世界を一人称視点のVRで探索するだけのゲームがあったら
ゲーム機本体とかVRとかまるごと買ってもいいくらいだ

15年くらい前にBLAME!とかいうマンガが連載されていて
あの世界をただ探索するだけのMMOがないかなーとか思ってた
2chのスレでもそういうこと考えてるやつがいて
ICOとかいうゲームが割と近いんじゃね的なレスがあった
そのレスを見て実際に買ってみたが
俺には全く違うと思えたし俺には全く合わなかった


↑の1:20あたりから大雑把に世界が見られる
ストーリー中盤から空を飛べるようになって世界が広がるが
飛べないほうがいいかなとも思う

ともかく歩いたり飛んだりして移動している限りは
ロード挟まずにシームレスで続くからな
ほんまたまらん
10年以上前に熱望していたことがようやっと実現したという思いがあって
とにかくうろうろし続けるのが楽しかった
MMOでもないし世界観も全く違うんだけど

BLAME!といえば
4巻か5巻かそこらの東亜重工かどっかで
キリイがメンサーブにどっかに飛ばされるか何かしてうろついてたらシボに会う
そんときのシボのセリフが
「私はシボ。あなたとは別の世界線から来たの 」
とかそういう感じだったと思う
当時の俺は世界線て何やと思ってインターネットで調べてみたが
はっきりとしたことはわからなかった
ただ、たぶんパラレルワールド的なことなんだろうなとは思っていた
何年か前にシュタインズゲートとかいうアニメが放映されて以来かな(自信ない)
世界線という言葉が割と一般的になった気がするし
パラレルワールドという意味で定着したと思う
でもいまだに世界線という言葉の本来の意味がわからない
ウィキペを見てもわからない


閑話休題

ほんで車でそのゲームのCDをずっと流しててある日
同じ作者の別の曲を聞いてみようかなという気になった
どうやら割と有名な人らしく
映画とかドラマとかアニメとかいろんなものの曲をつくってるようなので
適当にチョイスして聞いてみたが
全然しっくりこない

そういや侍道の曲を作った人の他の曲を聞いてみたときも
やっぱり同じ感じだった

結局
思い入れがあったりとか背景を知ってたりとか
そういうことがないと何でもあんまり楽しめないということよ
俺はね
極たまにそういうのがなくてもピンズドのもあるがな

のだめの千秋先輩がさ
フランスかどっかでのだめにピアノを教えてて
ここのフレーズはどういう解釈してんだよとか聞いて
老人が引っ越ししてて超つらいとかいうやりとりをしてる場面があった気がする
留学したりするレベルになると
曲を聞いただけで物語が読み取れるのかすげえなと
うらやましく思ったものよ

昔俺が何か趣味を探してたときに
神社仏閣めぐりはどうかってなって
犬狼さんに
その神社とか寺とかかどういう時代のどんな背景でつくられたとか何があったとか
そういうことを調べてから行った方がいいと言われたのも
同じことだよな
どのみち神社仏閣に何の興味も持てなかった

マジックもおんなじや
背景世界がないとおもんない
ヴォーソスやからな

ボーカルのある曲で歌詞がついてるのは
千秋先輩やのだめがやっていることを一般人がやりやすいように
ってことなんだろうなと思う
バンドの世界観とかよく言うしさ

ところで
ボーカルの入ってる曲ってさ
大体がボーカルとそれを引き立てるその他のパートって感じじゃない?
昔ほんの一瞬だけ犬狼さんとバンドをやろうとしていて
部屋で一人で考えててふと思った
なんでボーカルとその他ってのがデフォなんだろうか
ボーカルも楽器のひとつという扱いで
みんな同じってのじゃだめなん?
そういうことを考えててバンドに興味がなくなって犬狼さんとのもすぐやめた

初代ビルエヴァンストリオが画期的だったのは
三者が対等な立場で演奏していることだと何かで見たことがある気がする
それまでのピアノトリオといえば
ピアノとそれを引き立てるベースとドラムってのが普通だったが
その常識を覆すものだったとか
でもそれは稀代の天才ベーシストといわれるスコット・ラファロがいてこそのものらしい
実際サンデー・アット・ザ・ヴィレッジヴァンガードではラファロのベースが目立つ曲が多い
しかし↑の収録の11日後に交通事故で他界してしまい、エヴァンスのモチベーションもだだ下がりですよ


ということで

ゼノブレイドクロスのOSTでは↑の曲が好きだ
森の曲も捨てがたいが

まあでも
音楽は自由だよ
だからいいんだよな

なんとなく
12 2015

晴れた春の日─

先日車を買ったので名前をつけようとおもって
まあ前々から考えてはいたんだが
案が2つあってどっちにするか悩んでたんだよな
でも納車されたしいい加減決めないと
ってことで
俺の車(クルマ)の名前は

俺の業(カルマ)

に決定しました
ダジャレかよ!

もう1つの案は
俺の車はアクセラのマツダ3仕様なので
マツダスを略して

俺の一人祭

まあ実際は何でもいいんだけどな
誰かの前で口に出すこともないし

この前仕事の横の席の女の子に
車の名前考えてるんだが○○さんは何てつけてんのとか聞いたところ
リアルで は? て言われた
そして嘲笑
車に名前つけてどうするんですか?て

別にいいだろ!


今日は天気がよかったので
俺の業(カルマ)でちょっとドライブにいってきた



こんなかんじ

画像の四国中央市てなってるところの『国』の上らへんの直線のところは
法皇トンネルとかいう結構長めのトンネルなんだが
1車線
待避所がちょいちょいあるからいいけど、
それ以外のところではすれ違うこともできなくて結構怖い

それでも、
トンネルを出てから富郷ダムぐらいまでは道も広めで
道の横に桜が咲いてるんだよ
咲いてるといってももう旬は過ぎて残り2割か3割ぐらいのもんだけど
とはいえ
桜の舞い散る中を走るのは春めいてて気分良かった


トンネルを出てすぐ左に行って翠波高原とかいうところにも行ったが
カップルと家族連れしかいなかったから3分で帰ったったわ

ほんで
富郷ダムの先から国道まで出るみちは
ほとんど1車線で
右側は山側の崖、左側は川側の崖ってかんじ
川側はガードレールがあるから別にいいんだけど
山側は何メートルか上に岩がせり出してるところが多くて
怖かった

しかも途中で対向車が来て
そいつが下がらないんだわ
お前の後ろ広いとこあるだろってアピったんだけどガン無視
は?死ねや
仕方ないからバックでめっちゃ戻った
これだから団塊の世代は嫌なんだよ

そんなこともあったけど
だいたいは気分よく走れたし
毎年この時期に1回ぐらいは走ってもよいなと思った


今日の#Asgard
[18:17:10] itao: どうでもいいけど犬狼さんと話してたらりなぷーとかいう単語がふつうに出てきててわろてまう
[18:17:41] itao: りなぷーというのはスマイレージのメンバーのかつたりなという人のことだぜ
[21:40:15] flmraiyama: ありえんな
[21:40:26] flmraiyama: こんこんが~とか言ってるようなもんだろ
[21:40:29] flmraiyama: キモヲタじゃないですか
[22:10:44] …ふぅ@: キモヲタですね
06 2015

花に嵐のたとえもあるさ

ここ1週間くらいは天気がよくなくて、せっかくの桜の時なのに
いや別に見に行く予定もなかったけど

この時期になると思い出すのが
何年か前に犬狼さんと目黒川の桜を見に行って
木の幹の途中から生えている桜の花がなんとなくクリーチャー感あってすき
とか言ったところ



皆と同じに出来ない社会のつまはじきの自分と重ねてるのか
って言われたやつ

これも何度も日記にかいてると思うけど
いつまでたっても忘れんわ

社会のつまはじきだった僕は
今や社会復帰を果たし、ソツなく事務仕事をこなしています
てか田舎の中小企業で超有能扱い

俺は
犬狼軍団においては犬狼さんやあいやま氏
チームタンポポにおいては鯖缶や石まん
こういう人たちの中で
割と大きな劣等感を持ってたんだ

だけど同時に感じていた刺激は
今はもうない

劣等感もない代わりに、刺激もない
キラ・ヨシカゲの言っていた植物のような生活が今ここに‥!


最近の動きとしては、
3月に車を買って、というか注文して
昨日(4/5)の午後に納車て言われてたから一昨日保険の変更したら
なんかディーラーから電話きて
バンパーに傷あるの見つけて今から交換するから
納車3日遅れる言われた
うう

一応番号は自分で選べるやつで
[・・・3] にしたけど
ひらがな部分は運なわけだ
別に納車まで知らなくていいやと思ってたし
どうなったか俺は聞いてなくて
保険変更のときに見積もりの書類で見て初めて知ったんだが

『と』

と て
マツダのアクセラとかいう車を買ったので
マツダの『ま』かアクセラの『あ』になったら最高かなーと思ってたけど

『と』

と だと知ってから と の良さを小一時間考えたけど
何も思いつかなかった



誰か と の良さを俺に教えてくれ


昔、
俺がちょいちょい行ってたメイド喫茶の人がそこをやめて
なんやかんやあってバンドを結成していた
そのバンドは
なんというか椎名林檎の持つB級感だけを抽出して詰め込んだみたいな
中央線沿いに住む糞みたいなサブカル好きをターゲットにした
糞みたいなバンド
名をトリコモナスというトリコモナスというのは性病の名だ

んで
そのトリコモナスとかいうバンドのボーカルが
何かの収録だか何だかで、ある人物と対面したそうな
その人物こそ

goatbed 石井秀仁

第7期カリガリ(当時は活動休止中)のヴォーカルであり
そして第7期カリガリがやっていた覆面バンド
La'royque de Zavyのヴォーカル、サジタリアスのトリコモナス(のちにたけしに改名)でもある

盛大にかぶっている

果たしてその対面がいったいどういうものだったか
もちろんその場にいなかったので俺には分かりえないけど
僕はたまに想像しては歯がゆい思いをしたり
にやにやしたり


今日、
3/14に東京キネマ倶楽部で演奏された第8期カリガリの『さよならだけが人生さ』が
Youtubeにて公開されました



僕が持ってる桜井青のつくる曲のイメージは青臭さだった
いつまでも青春にこだわっているのが桜井青だった
それが
3月に発売されたアルバム『12』では
少し枯れたおもむきをみせている
すぐその先にある終わり、みたいなものを感じる気がする

いつかどこかで聞いたことがある言葉、
パンクっつーのは音楽性のことじゃない
生き方がパンクならラブソングでさえパンクになる(詳しくは忘れた)
に習うわけではないけど
この12の桜井青が今の桜井青なんだなと感じさせられる


自分で自分のことをパンクとかロックとかいっていた
ファンに貢がせたアイテムをヤフオクでさばいてたポップミュージシャンについては
もはや何かを思うこともない
東京キネマ倶楽部で↑のライブを最前で見たのは黒歴史


そして今日は平家みちよの誕生日でもある
23 2014

今この瞬間を生きるんだ

8/14〜8/17の間東京に行ってて
そんとき犬狼さんが読んでた本をもらったので
読んでみた

もらったときにこの本のことを聞いてみたところ
本屋でageられてたからなんとなく買い、
読んでみると最初はおもんなかったものの
途中から多少おもしろくなり、
最終的にはゼロになったらしい

なるほど、つまりy=-sinxの曲線だなと僕は思った

で、
読んでみたんだが、主人公のメンヘラ女が元の木阿弥みたいな話だった
年増女が出てきてから面白くなりそうだったけど、
結局メンヘラ女が上手く立ち回れなくて全部台無しにっていう
最後に彼氏が初めて自分の思いみたいなことを話して、メンヘラ女が何か分かった風なことを言って、だから何なんだ?
結局人と人が分かり合うとかそんなことかよ?

世の読書家の人たちは一体何を見出すんだろうか

去年読んだ糞みたいなマンガを思い出した
昔から自分に自信ない主人公女が
大学時代にきちがいイケメン1に優しくされてコロッと落ちてその後無茶苦茶されるも依存して、 それを振り切るために連絡先とか全部きって就職しマトモなイケメン2と出会って惹かれるものの、偶然取引先か何かにいて再び出会ったイケメン1のところに戻る的な
おもんないマンガは結構あるけど、
↑のは読んで損したと思ったわ


それはともかく
読んでて気になったことを書く

この作者の人はメンヘラなのか?
さも自分の経験談とばかりにドヤ顔で主人公の心の内を描写してるが
なんでメンヘラ女の中身が分かんの?
世のメンヘラ女はこれ読んで「わかるー」ってなんの?
精神病院に行ってメンヘラ女に取材してメンヘラ女が真摯に答えたんだろうか

それと、
主人公女が見た目整ってるって設定は必要なの?
結局顔かよ

昔宮部ナンチャラ先生の
主人公パイロマンサー女がいろいろあって派手にやり過ぎて能力者集団に消される的な本を読んでさ
まあそのパイロマンサー女も美人なんだが能力のせいもあって男とは縁のない生活を過ごしてきていたのに最後の方で能力者集団のイケメン金持ちに優しくされてあっさりヤられるっていうね
その後殺られるんだがもはやそんなことはどうでもよく、
孤高に生きて孤高に死ぬべきと思ってたのが結局イケメンかよっていう裏切られた感
なんかもうやり切れない思いに生きる力を削がれたのを覚えてるわ

これはその本だけじゃなくて
俺が今まで生きてきて
いつからか女=糞とかいう考え方か染みついてたんだが
それでも何人かは仲良くなった子がいて
なんとなくね
仲良い子に対しては、
この子は他の糞とは違う的な勝手な希望というか理想を持ってしまって
でももちろんそんなことはないと後になって分かるわけで
やっぱり裏切られた感とやり切れない思いに生きる力を失わされることが何度か

まあいいわ

世の読書家の人たちは
このメンヘラ女が美人であることで何かを見出すことが出来るのか?


というわけで
特に感想とかはないけれど、
なんか嫌なことを思い返させられた本だったわ

今の仕事の人に
俺は物事と物事を頭の中で結びつけるのが上手い的な扱いをよくされたが
本当にそうなのかも知れん


あとどうでもいいんだけど
完メドのライブに連れていかれて
まあ案の定
俺も何人かは顔を知っている元メイドだか現メイドだかの集団がいて
例によって周囲にはチヤホヤというか特別扱いというかそんな感じで
それを眺めてたら
イタオさんの嫌いなやつや、ってあいやま氏がぼそっとつぶやいたのが聞こえてきた
俺がマンガを買うときってのはだいたい2パターンあって
1つは本屋に行って表紙と裏のあらすじを見てなんとなく買う
ジャケ買い的な
おもしろかったら続きを買う

もう1つは流行りのやつとか面白いって噂のやつとかを買う
でも他人がおもろいとかいうのをいまいち信用できないから
ブックオフで何冊か買う
おもしろかったら続きを買う

前者と後者の違いは
後者は最初の方は古本なわけで
俺の本棚を見ると俺がどういう風に買ったのかってのが分かりやすい

まあどうでもいいけど

んで
たまに見てるのがここ
これの前だかその前だかのスレで
海街Diaryが挙げられていて
俺はずっと探してたんだよ
ブックオフで
まったく見つからなかったけど

そのレスを見たのは俺がまだ池袋にいた頃だから
西口の地下にある芳林堂だか何だかいう本屋にいけば置いてたんだよね
入口から一番奥の角のところが少女マンガコーナーで
何度買ってしまおうかと思ったことか
でもなんとなくな
買わずにいてて

その間も
要町のブックオフはもちろん、練馬、池袋、大塚、目白、高田馬場、
新宿の東の方、西口から大久保方面にいったところ、新大久保らへんの明治通り沿いにあったところ
渋谷、秋葉原、飯田橋
すぐ出てくるのはこの辺
あとは東上線沿いのどっかとか
こういうところは何度も行ってそのたびに探してた

まあ見つからなかったんだけど


さて
こないだ14歳の恋とかいうマンガを探してて
この辺だと伊予三島と新居浜と西条にブックオフがあり
仕事帰りとかに行ってみたがまあないわけですよ
どこにも
1冊も
このマンガは白泉社のやつなんだけどジェッツコミックス(ヤングアニマルのやつ)ではない
↑の時点で???て感じ
とはいえまあその辺にあるだろうって思って探してたのよ
モーニングコミックスアフタヌーンコミックスイブニングコミックス
このような関係だと考えてたわけだ

そしてある日
本屋の少女マンガコーナーにいて
まあだいたい↑の並びってのは
フラワーコミックスがあってマーガレットコミックスがあってデザートコミックスがあって
その横に花ゆめとかプリンセスなんかがあって
俺の中の少女マンガコーナーはそこで終わりだったんだけど
ふとその横を見ると
まだもうちょっと続いてるやん
棚に白泉社て書いてるやん
14歳の恋あるやん

は?

え?なんでここに白泉社のマンガが?
てか少女マンガだったの?

とにかく頭の中でハテナマークが飛び交い
でも見つけてしまった勢いで1~4巻全部買った


そしてまた別の日にブックオフに行き
少女マンガコーナーにいったところ
普段の俺の視界に入る少女マンガコーナーの横になんかちょっと続いてる
なんか出版社ごとに並んでる
白泉社もあるな
14歳の恋あるな

ほう

て、あれ?
小学館もあるやん
海街Diary1巻あるやん


俺の記憶では池袋の芳林堂で買おうかどうか悩んでたのは
たしか海街Diary4巻が発売されてすぐの頃だった
そして今俺の手元にあるものを見てみると
2011年8月15日初版発行

つまり俺はまったく別のところを探して
もちろん見つからず
がっかりしてたわけだ
少なくとも3年ほどは

まあまあ
今は自分にがっかりしてるんだが


だってさあ
月刊Flowersで連載しててさー
町でうわさの天狗の子とか姉の結婚とか月影ベイベとか
同じ並びにあるって
ふつうはそう考えるだろー

海街Diaryだけちょっとでかい(\500するサイズのやつ!)とか
そんなこと考えもしなかったわ
というかそもそも少女マンガて全部あの\400のやつのサイズと思ってたわ

まさに目から鱗


たとえば、幾何の問題に見えてじつは関数の問題だとか
少し見方を変えれば解けるはずなんです

このようなセリフが今は悲しく頭のなかを回ってますね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。